クリニックブログ BLOG

鼻の病気について

nose 急性鼻炎

いわゆる鼻風邪の状態です。くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状があります。
内服に加えて、ネブライザーでの治療を行うことで、より早く症状を改善することが可能です。

nose アレルギー性鼻炎

花粉やダニ、ほこりなどが鼻の粘膜に入ることによって、異物を排除しようとする反応が過剰に起こり、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状が続く状態です。検査を行い、アレルギー反応の物質を把握することが大切です。
点鼻薬や内服、レーザー治療、舌下免疫療法などで治療を行います。

nose 血管運動性鼻炎

寒暖差アレルギーとも言われ、急な気温の変化や食事の際などにくしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状があります。
アレルギー性鼻炎の症状に似ていますが、アレルギーを示すものはありません。
点鼻薬や内服などで治療を行います。

nose 鼻せつ

鼻毛が生えているところの細菌感染によって、鼻の入り口が赤く腫れ、痛みがある状態です。原因は鼻の穴を指でいじったり、鼻毛を抜いたりして傷をつくることがほとんどです。
軟膏や内服などで治療を行います。

nose 鼻腔異物

鼻の中に異物(ビーズなどのおもちゃや小さな部品など)が入り込み、取れなくなってしまった状態です。
ご自身で取り除くことが難しい場合は早めに受診してください。

nose 急性副鼻腔炎

鼻風邪が悪化してしまい、頬や頭部にある空洞(副鼻腔)に炎症が及んだ状態です。鼻づまりや膿性の鼻水、頭痛、頬の痛みなどの症状があります。
嗅覚が落ちる、臭いにおいがするなども起こります。お子さんの場合、副鼻腔をつなぐ仕切りが未熟なため、副鼻腔炎になりやすい傾向があります。
内服などで治療を行います。

nose 慢性副鼻腔炎

蓄膿症とも言われ、急性副鼻腔炎の治りが悪く長引いたりすることによって、副鼻腔に常に膿汁が溜まってしまう状態です。
鼻づまりや匂いのある鼻水、喉に常に痰がたまるなどの症状があります。原因は様々で、その原因に合わせた治療が必要です。
数ヶ月など長期内服が必要となる場合がありますが、それでも改善しない場合や原因によっては手術が必要です。

nose 鼻中隔弯曲症

鼻の真ん中の仕切りが左右どちらかに強く曲がった状態です。主に鼻づまりの症状が見られます。
投薬で鼻づまりが改善しない場合は、根本治療として手術が必要となります。

nose 鼻出血

鼻から出血がある状態です(はなぢ)。キーセルバッハと呼ばれる鼻の手前側から出血していることがほとんどですが、時に奥の方から出血している可能性もあるため注意が必要です。特に原因の無いものが大半です。
手前側からの出血であれば、鼻翼とよばれる鼻のふくらみを両側から指でつまんで圧迫することで止血できます。ティッシュなどを鼻に詰めて圧迫することも効果はありますが、あまり触りすぎると鼻の粘膜を傷つける可能性があります。

nose 鼻骨骨折

転倒や物が鼻にぶつかったりして、鼻の骨が折れた状態です。鼻が曲がっていたり、匂いを感じにくくなったり、稀に物が二重に見えるなどの症状があります。
鼻骨骨折の疑いがあればCTなどで診断します。
骨折の度合いがひどければ、鼻の中に特殊な器機を入れて変形をもどす処置が必要です。骨折から1週間以上経過すると曲がった状態で固定する可能性があるため、早めの受診をおすすめします。