クリニックブログ BLOG

口・のどの病気について

mouth 急性咽頭炎

いわゆるのど風邪の状態です。喉の痛みや発熱などの症状があります。
内服や、ネブライザー治療などが効果的です。

mouth 溶連菌感染症

溶血性連鎖球菌という細菌に感染している状態です。鼻の粘膜やのどの粘膜、扁桃腺などに感染することが多く、のどや扁桃腺の痛み・腫れ、発熱、発疹、全身の倦怠感などの症状があります。当院で迅速検査が可能です。
抗菌薬などの内服でほとんどの場合は改善します。

mouth アデノウィルス感染症(咽頭結膜熱)

その名のとおりアデノウィルスに感染している状態です。多くの型が報告されており、その型によってのどの痛み、目の充血、発熱の3大症状のほか、腹痛や下痢・嘔吐など様々な症状が現れます。伝染しやすく、治るまでに1週間程度要します。当院で迅速検査が可能です。
抗ウイルス薬は無いため、対症療法として治療を行います。
小児の場合、熱など主要症状が消失したあと2日間経過するまで学校の出席は停止です。

mouth 急性扁桃炎

扁桃腺が細菌に感染してしまっている状態です。のどの痛みや発熱などの症状があります。
内服で治療を行いますが、慢性扁桃炎などで繰り返している場合は治りにくいことがあります。また、悪化してしまうと扁桃周囲膿瘍などの疾患に発展してしまう場合もあるため注意が必要です。

mouth 慢性扁桃炎(習慣性扁桃炎)

急性扁桃炎を繰り返している状態です。日常のうがいなどの口の中の清掃が予防として大切です。
急性期で痛みが強い時は内服治療となりますが、定期的に何度も繰り返す場合は手術の適応となります。

mouth 扁桃周囲膿瘍

急性扁桃炎が悪化してしまい、扁桃腺の周りに膿がたまっている状態です。のどの痛みが強く口が開かない、食事がとれないなどの症状があります。
膿がたまっている箇所を注射針でさしたり切開する処置が必要となることが多く、通常は入院が必要となります。

mouth 扁桃肥大・アデノイド肥大

扁桃腺や鼻の奥にある咽頭扁桃(アデノイド)が大きくなり、のどや鼻の通り道が狭くなっている状態です。鼻づまり、滲出性中耳炎、いびき、無呼吸などの原因につながります。
滲出性中耳炎を繰り返す、夜間呼吸が止まっている、ご飯が食べづらいなどの症状がある場合、手術の適応となります。

mouth 急性喉頭炎

咽頭よりさらに奥の、喉頭と呼ばれる部位に炎症が起きている状態です。声枯れ、のどの乾燥感、咳などの症状があります。
内服や吸入薬などで治療します。

mouth 声帯ポリープ

声帯ポリープとは、声を出すための声帯にポリープが出来てしまった状態です。主に声枯れの症状が見られます。無理な発声の繰り返しや、喫煙などが原因となります。
声の安静や吸入、内服で改善しない場合は、手術を行います。

mouth 喉頭腫瘍

喉頭に腫瘍が出来てしまった状態です。咳や声枯れが長く続く、のどの違和感などの症状があります。
ファイバーと呼ばれる細いカメラで確認し、必要あれば精密検査や治療のため総合病院などに紹介します。

mouth 急性喉頭蓋炎

舌の付け根にあるヒダ(喉頭蓋)に炎症が強く起きた状態です。のどの激しい痛み、発熱などの症状があります。
重症になると喉頭蓋が腫れ上がって喉を塞いでしまい、窒息する危険性もある病気です。
点滴や内服で治療を行います。

mouth 咽喉頭異常感症

のど周辺に何らかの違和感や不快感がある状態です。喉がイガイガ(ザラザラ)する、喉に何かがつかえている感じがする、なんとなく痛いなどの症状があります。
主な原因はストレスと考えられており、比較的症状が長く続きます。
漢方薬など内服で治療を行います。

mouth 口内炎

口の中の粘膜に炎症が起きた状態です。粘膜が赤くなったり、びらん・潰瘍ができます。原因は免疫の低下、ストレス、睡眠不足、ウイルス感染、真菌感染など様々です。
軟膏や内服で治療を行います。

mouth 味覚障害

味に対する感度が低下したり、味を感じなくなってしまった状態です。今のところ原因は特定されていませんが、栄養不足やストレス、貧血など、複数の要因が重なり合って影響している場合があります。
主に亜鉛などの内服で治療を行います。

mouth 唾石症

唾液を出す管の中や唾液腺の中に石ができる病気です。管に詰まったりすると、主に食事の際に片側の顎の下が腫れたり痛みが出るという特徴的な症状が見られます。
小さな石であれば痛み止めや内服で自然に外に出てくることを待つこともできますが、石が大きかったり何度も腫れる場合には手術を行う必要があります。